荒上柊真のサブカル雑記

2021年から方向転換したブログ。サブカルチャー、とくにライトノベルについて語っていく趣味のブログ。

ソードアート・オンライン アインクラッド編

 というわけで、今回から数週にわたって、ソードアート・オンラインの記事となります。
 今回はその記念すべき最初の章、アインクラッド編です。


カテゴリー ライトノベル電撃文庫
巻数 1~2巻
作 川原礫
絵 abec様


 あらすじ。
 時は西暦2022年。世界初となるVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が発売された。
 しかし、開発者の茅場晶彦の手によって約1万人のプレイヤーはバーチャル世界に閉じ込められてしまう。
 脱出方法は舞台となる《浮遊城アインクラッド》の最上階・100層にいるボスを倒し、ゲームをクリアすることだけ。
 元ベータテスターで知識と経験があるキリトは、ソロでの攻略を目指すことに。


 個人的に好きなキャラ。


3位 The Skullreaper
 骸骨の狩り手。こと、スカルリーパーです。もちろん、プレイヤーではなくモンスター。それをランクインさせるのもどうかと思いましたけど、見た目が好きなので、つい。


2位 クラディール
 今度はしっかりとプレイヤー。作中時点で最強勢力を誇っているギルド血盟騎士団のメンバーのひとり。アスナの護衛を務めてるおり、ある事からキリトと対立することに。
 個人的に好きなのは本性を現してから。


1位 茅場晶彦
 本作の黒幕にして、全ての元凶。ただ、彼がいなければVRMMOという分野も確立しなかったことは確か。なお、以降のシリーズでも彼の影響は少なからず存在しているという意味でも、全ての元凶。


 ソードアート・オンラインが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 と、今回はこの辺で。次回はフェアリーダンス編になひます。


 累計巻数 209巻

ソードアート・オンライン プログレッシブ

 というわけで、今回も現在進行形で未完結作品となります。


 ソードアート・オンライン プログレッシブ。


カテゴリー ライトノベル電撃文庫
巻数 1~7巻(未完結)
作 川原礫
絵 abec様


 最新7巻を読んで勢い半分で書いた記事となっております。ネタバレが含まれますので読む際はご注意ください。



 あらすじ。

 時は西暦2022年。世界初となるVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が発売された。

 しかし、開発者の茅場晶彦の手によって約1万人のプレイヤーはバーチャル世界に閉じ込められてしまう。

 脱出方法は舞台となる《浮遊城アインクラッド》の最上階・100層にいるボスを倒し、ゲームをクリアすることだけ。

 元ベータテスターで知識と経験があるキリトは、ソロでの攻略を目指すことに。


 これを中略して描いたのが本編の1巻。


 そして、その中略した部分がこのプログレッシブとなります。7巻の時点では6層の攻略中ですね。まだまだ先は長いと思われます。


 他に気になることと言えば、アスナ(正妻)とコンビが長く仲も良いため本編1巻のあの関係にどうやってなるのかが読めないことですかね。


 個人的に好きなキャラ。


3位 ディアベル

 1層の時点でリーダーシップを発揮していた悪魔の名を冠するプレイヤー。隠しているが元ベータテスター。彼の行動は後の攻略に大きな影響を与える。


2位 アルゴ

 元ベータテスターの情報屋。顔に髭が書いてあることもあり《鼠》の2つ名を持っている。アニメではチラッとでしたが、プログレッシブではヒロインぽい扱い。


1位 キズメル

 プレイヤーではありません。キリト達がやってるクエストに登場するエルフです。データ上の扱いはNPCではなくモンスターだが、キリト達とは友好な関係。もはや、ヒロイン。


 ソードアート・オンライン プログレッシブが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 と、今回はこの辺で。次回からはソードアート・オンラインの本編の記事を出そうかと思います。

 各ストーリー毎に区切った記事にする予定なので、次回は上でも触れたアインクラッド編についてです。


 累計巻数 207巻

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 4巻 考察回

 と、いうわけで、ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編の4巻の考察回です。今回は少し長くなります。


 まずはホワイトルーム生に関して。
 とりあえず、天沢一夏が自分はホワイトルーム生だとカミングアウトし、月城理事長からもホワイトルーム生の裏切り者だと言われたことからも確定です。
 ただ、どう考えてもこれで終わりじゃないですよね。
 堀北が持ってた紙を見た時の反応はどう考えても、知り合って数ヶ月の利用してる同級生に向ける言葉じゃないですよ。旧知の、つまり同じホワイトルーム生に向けての言葉だと思いました。
 あと、3巻の最後のイラストが誰なのかは、まだわかってないと個人的には思ってます。木の棒を持っているのが、イラストは右手、4巻の天沢は左手なので。


 で、そのメモを残した人物とイラストの人物なんですが、考えてくと同じ人物が浮かんできます。


 まず、メモを残した人物ですが、字が綺麗だとわざわざ明言されてるんですよね。そして、明確にその描写がある1年生が1人居ます。
 次、イラストの人物ですが、あの時あの瞬間に綾小路があの場所にいることを知っていたことが確定している1年生が1人居ます。


 どちらも、1年Bクラスの八神拓也です。


 椿の作戦にちょくちょく口出しをしていたのも、自分の底はその程度だと思わせてるようにも聞こえますし、脅されて喋った感じになってますが、櫛田関係のこともわざと漏らしたのでは無いかと思われます。
 あと宇都宮と対峙していた鬼頭が黒幕を椿だと確信したあの通信ーーあれ、八神が宇都宮の所在について言及したからした通信ですよね。
 直接来られると自分も容疑者に数えられるからそれを嫌ったように感じるのは、自分だけですかね。
 ちなみにその後、宇都宮が通信したのも八神だと思ってます。作戦失敗をあのタイミングで知ってるのは、ね。


 で、話題に出たということで椿桜子と宇都宮陸について。
 正直、椿が自分を犠牲にしてまで綾小路を退学にしたい理由は予想がつきません。ただ、恨みではなく、自己犠牲のような気がするので、個人的な過去に起因するのではないかと考えてます。
 で、匂わせが怪しい宇都宮ですが。前の方の巻で退学したクラスメイトのことを本気で残念がる様子が見られることから、単純に椿を失いたくないと思ってるだけのような気がします。
 神崎の見た目をした一之瀬みたいな。


 七瀬については、これ以上の過去はなさそうですが、綾小路が懸念していることから、助けたい思いからの暴走はあるかもしれませんね。


 で、ここまで来たのでついでに宝泉。
 ついに龍園と直接対決しましたね。結果は、というより、戦い方は予想した通りでしたね。それぞれのこれまでの特性を考えればこうなるかと。納得する面の方が強かった気がします。
 ただ、宝泉もまたこれを糧に強くなりそうな予感。


 さ、大幅に脱線しましたが話を戻しましょう。考察です、考察。


 天沢に重傷を負わせたのは誰か。
 これについては堀北が疑問視していますが、個人的には月影理事長が戦闘面でも強いということの伏線ではないかと思っています。


 不気味な程に謎が多い1年Aクラス。
 天沢がいるから忘れがちですが、他の怪しいメンツと違って、彼女はAクラスのリーダーではないと思われます。高橋なるAクラスのムードメーカーが、リーダーは面倒なことはしたがらないと話してましたが、只者なわけはありませんよね。
 それに、その高橋氏も人数の有利があったとはいえ、今回の試験でトップ10に入る強者です。
 それなのに、今回の椿率いる作戦には不参加。というか、素人理解ではB+C+宝泉と言った感じがします。


 南雲雅に見限られた3年生15名。
 作中の描写から、どう考えても救済してやるから沈めって役割を押しつけられた人達ですよね。それが救われなかったことは、3年生全体に波紋を呼ぶと思われます。
 しかし、当の南雲はおそらく綾小路にご執心となるので、カリスマ的から横暴な方向へシフトして行くのではないかと。
 新たな3年生も出てきましたしね。
 綾小路から関わってくことはなさそうですが、内部崩壊、あるいは堀北を通して何かが起こりそうな気がします。


 そして、2年生。
 細かい数値は計算してないのでわからないですが、これ、綾小路達がCクラスになって、一之瀬達がDまで落ちるのでは?
 そうなると、いよいよ、龍園・橋本・神崎の怪しげな3人衆に動きがあるのか。坂柳のキャラからしてすぐに龍園達Bクラスに負けることはないでしょうが、一悶着はありそうですよね。
 Bクラスに格落ちした葛城の活躍にも注目したいところです。


 2年生編のキーワードは花言葉


 これを最初に聞いた時は椿桜子のことか。と、思いましたが、宝泉和臣も音をとるとホウセンカ、ということで見つけた人はすごいなぁと思います。
 で、他にもいるのかーーと思ったところ、いました。
 3年Bクラスの鬼龍院楓花です。
 楓の花言葉は「調和」「美しい変化」「大切な思い出」「遠慮」。どれも、今の彼女には結びつかない言葉です。では、関係ないのかというと、むしろ、合わなすぎるのではと思いました。
 友達がいない⟷調和
 自分を貫く⟷美しい変化
 傲慢な態度⟷遠慮
 大切な思い出はわかりませんが、思い出がない=過去は関係ないとかでしょうか。ちょっと意味を見出すには難しい名前でしたね。


 植物といえば桔梗がいますが、そちらの進展もあるんですかね。すぐに退学させてやる(拡大解釈)と綾小路が言ってからもうかなり経ちますし、相容れないことは無人島試験ではっきり示されましたから。
 まあ、退学はしないんでしょうけど。


 あと、個人的には気になっているのは数字ですね。1年生の各クラスメンバーに必ず入ってるんですよ。


 A 天沢「一」夏
 B 「八」神拓也
 C 宇都宮「陸」 六の旧字
 D 「七」瀬翼


 何かありそうだと思うのは自分だけですかね。なお、ホワイトルーム生のフリをしていたのは七瀬で、ホワイトルーム生だとカミングアウトしたのは天沢です。


 ちなみに2年生には、
 高円寺「六」助
 「一」之瀬帆波
 神崎隆「二」
 「三」宅明人
 がいたりしますので、珍しいというわけではありません。1年生のほうは綺麗に散ってると思いますけど。


 と言ったところで、今回はこの辺で。


 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 次回も読み切った勢いで書いた記事です。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 4巻

 と、いうわけで、ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編の4巻の感想回です。ネタバレありなので、それは困るという人はすぐに戻ってください。





 大丈夫ですね?


 では、始めていきましょう。まずは、感想から。


 控えめに言って最高でした。
 試験自体は高円寺と南雲のツートップ争いで、綾小路はその他諸々の生徒からは認知もされない試験となりましたね。
 ただ南雲が1位になれなかったのは本人も考えてるように綾小路が原因ですし、どう考えても大きな火種を残した形になりましたね。
 月影理事長についても一旦引くといった感じなので再び戦うことにはなりそう。そして、司馬先生はやっぱり麻婆神父だった。わからない人はごめんなさい。
 あと、一概には言えないですが鬼龍院先輩はそこまで図抜けて強いわけじゃなさそうですね。
 この辺の人達の実力としては、
 綾小路・高円寺>月影・司馬>南雲・鬼龍院
 という印象です。まあ、南雲に関しては個と言うよりは群れとしての強さを発揮するんでしょうが。
 綾小路関連以外だと、堀北と伊吹の共闘が良かったですね。もう立派にライバルですよ。
 次巻の夏休み編も負けず劣らずの波乱があるということなので楽しみです。


 そして、ホワイトルームについて答えが示されたと共にいくつかの謎が散りばめられた回でもありましたね。


 と言ったところで、今回はこの辺で。


 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 次回は考察回です。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編

 というわけで、前回意味深な引きをやった理由はこれです。初の現在進行形の未完結作品。
 あれ? インフ(ry〇三(・A・ )ァイト!
 と、戯言は置いておきまして。


 ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編。


カテゴリー ライトノベルMF文庫J
巻数 1~4巻(未完結)
作 衣笠彰梧
絵 トモセシュンサク


 最新4巻を読んで勢い半分で書いた記事となっております。あと、3巻までネタバレを大いに含みますので読む際はご注意ください。



 あらすじ。
 全生徒会長・堀北学とのやり取りや堀北鈴音との勝負から、実力の片鱗を全校生徒に見せ始めた綾小路。
 そんな中、彼を連れ戻す(退学させる)ために、ホワイトルームの生徒が新1年生として送り込まれてきた。
 しかし、それ以外にも1年生には綾小路を退学に追い込まんとする理由があり、3年生になり完全に権力を掌握した南雲雅も興味を示して……
 1年目を超える実力至上主義の高校生活が幕を開ける。


 そして、最新4巻は、夏休み前の学年の壁を越えた無人島特別試験。アニメでもやった1年次の無人島試験をグレードアップさせたような試験です。
 極力目立たずに、けれど負けないように望む綾小路清隆。
 堀北鈴音を中心として、まとまりを見せ始めたDクラス。
 協力して望む、坂柳と一之瀬率いるAクラスとCクラス。
 虎視眈々と策を進め、Aクラスに迫る龍園翔のBクラス。
 ルールさえも超越し、勝利を掴みとる生徒会長の南雲雅。
 各々が目的と秘密をかかえつつ、綾小路を狙う1年生達。
 そして、遂に本気を出した高円寺六助。


 各人の思惑が交差し、特別試験は予想を越える結末を迎えることに……


 個人的に好きなキャラ。(新キャラ限定)


3位 司馬克典(1年Dクラス担任)
 クセ者揃いの1年Dクラスを任された目が死んでる先生。挿し絵を見た第一印象は麻婆神父っぽいなぁ、でした。最新刊まで読んだ感想は、中田譲治さんの声が似合いそうだなぁ、です。


2位 宝泉和臣(1年Dクラス)
 1年生のDクラスを力で支配している暴君。簡単に言うと、頭脳を減らして戦闘力を上げた龍園翔。見た目だけは綺麗な龍園と違って、見るからに粗暴で悪人面。もし、ボイスがつくなら木村昴さんを希望。


1位 鬼龍院楓花(3年Bクラス)
 去年は全く存在感すらなかった先輩。成績は高めだが単独行動を好み友達がいないらしい。簡単に言うと、女版高円寺六助。まあ、出し惜しみはしてないっぽいけど。敵というよりは味方になりそうな気がしてる。


 と、2年生編に入ってからの新キャラもなかなか面白いので、ぜひ、読んでみてください。まずは1年生編から。


 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 と、今回はこの辺で。次回は4巻のネタバレありの感想回です。


 累計巻数 200巻

独立学園国家の召喚術科生

カテゴリー ライトノベルMF文庫J
巻数 1~3巻(完結)
作 鏡銀鉢様
絵 パルプピロシ




 というわけで、独立学園国家の召喚術科生です。後半はヒロイックスレイヤーとルビがつきます。どうしてそうなった!と思う方はぜひ本編を。
 あと、独立学園国家ってすごくパワーワードですよね。学園都市や学戦都市という規模ではなく、学園国家。それも独立国家です。
 と、タイトル語りはこの辺で。


 あらすじ。
 神、天使、悪魔、精霊、妖怪、英霊、怪物などあらゆる超常のものを持ち霊とする召喚術師が存在する世界が舞台。有り体に言うなら、Fate
鷺澤秋人はある偶然から日本神話最強の英霊ヤマトタケルを召喚し、最凶の堕天使ルシファーを召喚したせいで差別を受けていたセリア・セルベールと一緒に1度は諦めた召喚術科生として過ごすことになる。
ストーリー展開が早いので、サクッと読めました。ついでに個人的には漫画向きな気もした作品です。


 個人的に好きなキャラ。


1位 ぬらりひょん
 テロ組織パンデモニウムの一員。無機質で無感動で無表情の従者風キャラ。2巻では目立たないけど、3巻だとスゴい。


3位 セリア
 メインヒロイン。堕天使ルシファーを召喚したせいで差別を受けていた少女。闇属性を持つヒロインっていいと思う。


2位 アカ・マナフ
 テロ組織パンデモニウムの一員。主人公の兄の仇。ぶっ飛んだドSキャラ。個人的には特に見た目が好み。



 独立学園国家の召喚術科生が好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 と、今回はこの辺で。次回はなんと……


 累計巻数 196巻

いづれ神話の放課後戦争

カテゴリー ライトノベル富士見ファンタジア文庫) 
巻数 1~10巻(完結) 
作 なめこ印様 
絵 よう太様




 というわけで、いづれ神話の放課後戦争です。放課後戦争と書いて、ラグナロクと読みます。あの、神々の終末戦争とも呼ばれるラグナロクです。


 あらすじ。 
 マヤ・アステカ神話。日本神話。インド神話。エジプト神話。ギリシャ神話。北欧神話ケルト神話。 
 そんな七つの神話に登場する神々による争いは、世界に大きな傷を刻み終結した。その十年後。主人公の神仙雷火は絶海の孤島にある学園にいた。 
 そこは第七因子を持つ少年少女が集められる場所で、島では放課後になると七つの神話の神々による代理戦争が行われていたのだった。 
 雷火も代理戦争の器に選ばれるのだが……


 という感じです。


 まず、創作作品ではよく見かける各国の神話。その神々が派閥を率いて戦うというのは純粋に興味を惹かれますよね。某サーヴァントを召喚するゲームしかり。 
 まあ、あの作品とは立場がほぼ逆ですが。 
 と、これで気になった方はぜひ本編を読んでみてください。


 個人的に好きなキャラ。


3位 アポロン 
 北欧神話の代表。二次元ではよく見かける神様の気もしますが、例に漏れずここにも登場です。個人的に好きなのは立ち位置です。


2位 オシリス 
 エジプト神話の代表。冥界の神だけあって、かなりの強敵。他にも能力を持っていますが、全て実際の神話が元になってるので、知ってると確かにと思わされます。


1位 バロール 
 ケルト神話の代表にして、魔眼を使う神。雷火を器に選んだことで、本人の想定しない形での参戦となる。魔眼の王というだけあって、その能力はチートクラス。けれど、周りもチートだらけですし、俺TUEEEE感は弱め。




 いづれ神話の放課後戦争が好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。


 と、今回はこの辺で。次回もラノベです。


 累計巻数 193巻