荒上柊真のサブカル雑記

2021年から方向転換したブログ。サブカルチャー、とくにライトノベルについて語っていく趣味のブログ。

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん

カテゴリー  ライトノベル角川スニーカー文庫
巻数 1~4巻(連載中)
著 燦々SUN様
絵 ももこ様

 というわけで、時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさんです。

 あらすじ。
 私立征嶺学園の銀髪のハーフ女子高生アリサ・ミハイロヴナ・九条と彼女の隣の席に座る久世政近の2人が送る学園ラブコメディ。アリサは時々、政近にロシア語でデレる。生粋の日本人である政近にはロシア語がわからないと思っているから。
 しかし実は、久世政近はネイティブ並にロシア語を聞き取ることが出来て……

 個人的に好きなキャラ。

3位 久世政近
 本作の主人公。基本スペックが高いけど努力しない系。普段は不真面目だけど、本気出したら有能なNo2サポーター。日本人だけど時々ロシア語でデレる。

2位 周防有希
 定番のようで定番ではなく、他にいないオンリーワンな設定をもつサブヒロイン。個人的には設定がツボ。あまり深くは語れないけど、主人公にだからこそ見せる一面がいい。

1位 アリサ・ミハイロヴナ・九条
 もはや名前に過剰反応してる気すらしてきますが、別に名前で1位になったわけではありません。本作のヒロインにして、時々ロシア語でデレるアーリャさんその人。属性的にはツンデレ? 政近がロシア語を理解していないと思って、ロシア語でデレます。可愛い。完璧超人っぽいですが、負けず嫌いで時々ポンコツ

 アーリャさんが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 339巻

王様のプロポーズ 鴇羽の悪魔 感想・考察回

 と、いうわけで、王様のプロポーズ 鴇羽の悪魔の感想・考察回です。ネタバレありなので、それは困るという人はすぐに戻ってください。




 大丈夫ですね?

 では、始めていきましょう。

 まずは前回の考察の答え合わせから。まあ、素人には先生の深淵なるお考えは全く読み切れませんでしたが。

 ラスボスの言っていた犠牲を必要とする世界の救済……と言いたいところですが、現状のままだとそんな厄災には対応出来なさそうなので、無色本来の力磨く巻でしょうか。
 →当たり、前。他にないですよね。

 正体がバレそうになるとか。
 →新キャラにバレた。瑠璃も疑惑。

 新たな滅亡因子によって危機が訪れるとか。
 →新たなという部分が微妙ですね。滅亡因子によってもたらされた危機ではありましたが、過去に討滅した滅亡因子の復活で、人間とのハイブリッドだなんて予想もつきませんでした。

 作中であった滅亡因子の大量発生は、自然発生なのかと疑問符は打たれてましたが、今回の黒幕の仕業とも断定はされてないんですよね。むしろ、黒幕の正体を踏まえると、それとは別の何かがあると考える方が自然だと。
 →断定する要素なし。におわせも特になかったので謎です。クララが動いていたの可能性はほぼなさそうですが。今後に期待ですね。

 瑠璃は黒幕が彩禍(未来から来たとは知らない)だと気づいた節があるし
 →気づいてませんでした。

 正体、彩禍(=無色)・黒衣(=彩禍)がバレるのかバレないのか。
 個人的には、次でエルルカあたりに無色の正体がバレると予想。その流れから、黒衣も正体を明かして協力者になるのかと。
 →ならなかった。

 滅亡因子だと作中にで出てきた中で、知恵の実は食べた人がいそう。そう例えばエルルカあたり。
 →特になし。

 黒幕戦で無色が言っていた他人の姿を模倣したコピーについて、肯定気味の回答をしたことから、今後そのような魔術を使う魔術師が現れるのか。
 →特になし。

 最初、死にかけの彩禍が無色を知っていたような発言から、無色も過去に行く展開があるのか。あるいは、本人も忘れている過去の何かがあるのか。
 →特になし。

 一般人サイドに滅亡因子を認識出来る人が現れて、助けて、仲間(後輩ポジション)になるとか。
 →特になし。

 最終決戦は、直前に彩禍が復活して、プロポーズしてからの共闘。ーーからの致命傷を負って再び合体。これからもよろしくENDとか。
 →特になし

 まあ、ほとんど当たりませんでしたね。そもそも、魔術師の養成機関が他にーー日本だけで5箇所もあるとは思いませんでした。 
 影の楼閣は事実上の解体でしょうけど、まだ3校。まだまだ強敵・ライバルが現れそうな予感です。

 以下考察。感想もそうですが、読み終わった勢い半分で書いてる部分があるので、不備や間違いがあるかもしれませんが、素人考察故に寛大に読んで頂けたらと思います。

 鴇嶋喰良の動向について。
 まず、メインは他の22個のウロボロスの破片を集めさせないことでしょう。無色が彩禍の力を使って再封印する流れかな。
 それぞれ、封印を守る場所の担当校があるようなので、他の魔術師養成機関も関わってきそうな予感。まあ、その配分が謎ですがーー取り込んでいる欠片が1つということは、影の楼閣は1箇所しか担当してないのか?となりますし。
 他の学園の長で封印特化の人とかいたら、沢山の欠片の封印を担当している可能性もあり。
 すぐに再戦とはならないでしょうが、環に取り込まれた敵(学校全体とかではなく、スパイ的な個人で)が暗躍したり、別の敵だけどトドメを喰良に持っていかれて配下になったり、ライバル的に認め合ったのに喰良に殺されて配下にされたり、etc.
 未来から来た彩禍が言っていた犠牲を必要する救済とは別件ーー未来彩禍の行動が原因でウロボロスが覚醒した為ーーと思われますが、簡単には終わらないでしょう。
 それを乗り越え、最後は一緒に最悪に立ち向かって欲しいものですね。まさに、未来彩禍の世界にはいなかった存在ですし。
 ついでに喰良でもう1つ。
 誰が、生み出したのか。
 影の楼閣の学園長なのか。それとも別の誰かが黒幕としてハイブリッドを生み出したのか。学園長ならミイラ取りがミイラになってキッカケとなっただけで終わりですけど、別の存在がいた場合はさらに話を掘り下げていく感じになるでしょうか。
 別の滅亡因子のハイブリッドとかも出てきそうですね。

 以上。鴇嶋喰良について脈絡なく書き殴った感じになってしまいましたが、少しでも共感してくださる方がいたら嬉しく思います。
 今回はこの辺で。

王様のプロポーズ 鴇羽の悪魔

カテゴリー ライトノベルファンタジア文庫
作 橘公司
絵 つなこ様

 というわけで、王様のプロポーズ 極彩の魔女の続編。今度は模様と見間違える可能性すらなさそうな2が刻まれた鴇羽の悪魔です。

 あらすじ。
 久遠崎彩禍としての生活にも慣れてきた無色に新たな試練が襲いかかる。庭園とは別の魔術師養成機関《影の楼閣》との交流戦、突然の彼ピ宣言。自分(彩禍)で自分(無色)を取り戻すための戦いが今始まる……

 新キャラ、鴇嶋喰良(ときしま くらら)はいいキャラしてますね。まず名前がいい。詳細はネタバレになるので次の記事で語るとして、魔術師専用の動画配信サイトの配信者という今どきなキャラを圧倒的な存在感で描く橘先生には感服するばかりです。
 あと、影の楼閣メンバーもキャラ濃かったですね。しばらくしたらまた登場するかもしれないので、楽しみに待っておきましょう。

 もちろん、全巻から登場したキャラクター達も大活躍です。無色・瑠璃兄妹は相変わらず愛の暴走機関ですし、黒衣は無感情でありつつもかなり、デレ、が出てきました。クーデレです。クーデレ。
 アンヴィエットやエルルカ、巴の教師陣にも出番があって良かったです。
 物語としてはまだまだこれからといった感じで、楽しくなってくる第2巻でした。

 王様のプロポーズ、又は橘公司先生の作品が好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 と、今回はこの辺で。次回は考察・感想回となります。

 累計巻数 335巻

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 6巻 考察回

 と、いうわけで、ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編の5巻の考察回です。今回も長くなります。

 まずは、今回、謎に進捗が多かった恋愛面。
 綾小路と軽井沢はコンスタントにイチャついてます。あとは、王から電話が会った時にシャワーを浴びていた綾小路と、その20分後に部屋から髪を下ろして出てきた挙動不審な軽井沢。何らかの進展があったのでしょうか。
 それから、今回の表紙も飾った小野寺かや乃。メインストーリーでは存在感がなく蚊帳の外な感じでしたが、今回で一気に存在を示しましたね。須藤のヒロインとして。まあ、肝心の須藤は堀北一筋なので簡単にはいかないでしょうけど。
 あとは明人が、想像以上に波瑠加に好意を寄せていましたね。なんとなく恋愛関係になりそうな予感はしていましたが、これは予想以上でした。
 そして、王の部屋に差し入れをしていた名無しさん。これ、高円寺だと思うのは私だけでしょうか。差し入れにしては金額が高いと言ってましたし、高円寺は今はお金を使う時期だと言っていました。他に王1人だけに差し入れをする人物は思いつかないので、最終的にはここがくっついたりするのでは、と思う今日この頃。
 あとは一之瀬と南雲会長ですかね。ここについては、南雲に利用されているだけのように見えますし、逃げた代償は他のやつ、という台詞から今後、いい方向に転ぶとは考えづらい気がします。

 次に、今後の展開に関する考察。

 まずは闇堕ちした長谷部波瑠加と三宅明人。これは文化祭前に何かを起こして、解決後にメイド喫茶ですかね。そんな簡単に行くとは思えませんが、波瑠加がまだ「きよぽん」呼びしていることや、佐倉が退学前にポイントを使っていたことが解決に一役買ってくれることを祈っています。
 個人的には、ポイントでメイド喫茶のメイド服を用意したのかなと思っています。

 佐藤に接触した一年生とその後の行動。
 謎の一年生に接触され、軽井沢を退学にという選択肢を示された佐藤。この一年生は、シンプルに考えれば八神かと思いますが、正体が伏せられているのが怪しいですね。
 天沢が動いてる可能性もないとは言いきれない状況です。波瑠加の後にはなると思いますが、こちらの動向にも注意が必要です。

 南雲の発言の真意。
 綾小路が逃げたことに対して、他のやつに代償を払ってもらうと言っていた真意がどこにあるのか。てっきり、体育祭後半に何かを仕掛けるのかと思いましたが、そういった雰囲気はなし。
 生徒会で仲良くしてる一之瀬に何かをするのか、文化祭で2年生潰しに来るのか。
 綾小路からは完全に無視され、思い返すことすらなく、むしろ可哀想になってきた会長の回でした。
 個人的には一之瀬を壊して、その一之瀬を綾小路に救ってもらいたいところですね。

 まさかの龍園との共闘、そしてーー
 体育祭で龍園と組むのは意外でしたね。去年のがありますし、龍園クラスとは不倶戴天なイメージだったので。さらに綾小路が出した新たな提案が気になるところ。
 個人的には文化祭におけるメイド喫茶の合同開催だと思っています。Aクラス包囲網と言っていたことから、場合によっては一之瀬クラスも巻き込むのかも。
 メタ的には、合同にすれば、伊吹とか、椎名とか、一之瀬とかにとメイド服着せられるし。

 綾小路の部屋を訪ねてきた謎の人物。
 敵でも味方でもない。警戒しろ。悪影響を及ぼしている。と、謎の発言を残していた男。1年生編の後半で1度電話をかけてきて、名前を呼んだあの男ですね。
 ズバリ、個人的には石上京だと思っています。
 ホワイトルーム生(八神、天沢)が落ち着いた後に強敵たり得る一年生は彼しかいないでしょう。

 あとは綾小路の目的がついに明かされましたね。個人的には比較的予想した通りの展開で、やっぱり綾小路がラスボスとして立ち塞がるのか、といった感じです。
 移る先は一之瀬クラスですよね。
 龍園クラスは葛城が来て良くなったと言ってますし、頭がいなければ機能低下する坂柳クラスに、わざわざ別の頭としていくことはないでしょうし、現在低迷中の一之瀬クラスを救うために行くと思われます。

 その方法についても、今回、期間限定の移動チケットが存在として示されましたしね。体育祭で選びもしないのにチケットの話を出したのは今後使う伏線だと思われます。
 1年生や3年生ですでに登場した人物を移動させるためという可能性もなくはありませんが、そこまでする必要のあるキャラはいなそうなので。
 綾小路。あるいは、橋本がいよいよ怪しいところですね。龍園に対して、意味深な敵に回したくない発言は、龍園クラスへの移籍を考えている気がします。

 あとは綾小路と龍園の誕生日。
 遂に、本編で触れましたね。合同開催はないと思いますけど。触れたからには、なにか意味があって欲しいものです。

 とあまり考察出来てませんが、今回はこの辺で。

 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 6巻

カテゴリー ライトノベルMF文庫J
作 衣笠彰梧
絵 トモセシュンサク

 というわけで、先月末に出たラノベです。最新巻を読んで勢い半分で書いた記事となっておりますので、文章のミスがあるかもしれませんが、ご容赦ください。
 5巻までの感想と考察は別の記事でやってますので、興味を持ってくれた方がいれば、そちらも読んでもらえると嬉しいです。

 では、始めていきましょう。

 体育祭はあっさりと終わりましたね。一波乱あると思っていた自分的には少し意外でした。まあ、その代わりに多くの伏線が張り巡らされた回でもありましたが。

 メインは満場一致試験後のクラスメイトの成長ですね。あと、カップリングがじわじわと進んでいたようも感じる一巻でした。

 ラストには衝撃の展開があったりと、最後まで楽しく読めたのですが、体育祭があっさりと終わったことだけはやはり少し残念ですね。
 来賓も来るとの事でしたが、まさかそれをあんな使い方にするとは。

 考察としては、体育祭で波乱があるというは外れましたね。特別試験のほかのクラスの選択肢についても、期末の対決相手以外は明かされませんでした。
 むしろ、今回は伏線を張る回だったと思われるので、今巻の内容から次回以降を考えていきたいと思います。


 最後に、アニメ2期決定おめでとうございます。
 生徒が40人になっていることを心から望み、待っています。


 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 と、今回はこの辺で。次回は考察回となります。

 累計巻数 334巻

ノーゲーム・ノーライフ

カテゴリー  ライトノベル電撃文庫
巻数 1~11巻+外伝1巻(連載中)
著 榎宮祐

 というわけで、ノーゲーム・ノーライフです。

 あらすじ。
あらゆるゲームで連勝を続け、どんな手段を使っても勝てないとされる天才ゲーマー「  」(くうはく)。都市伝説とされるその正体は、空と白という2人で1人の引きこもりゲーマー兄妹だった。
 そんな2人が神・テトによって、全てがゲームで決まる異世界へと召喚される。世界の絶対法則【十の盟約】の元、魔法ありの【十六種族】を相手に、最弱の人類種に転生した2人がゲームで世界を制する物語。

 個人的に好きなキャラ。


 3位 ジブリール
  位階序列六位・天翼種の少女。大戦世代でもあり、他種族を嫌悪する気持ちは誰よりも強い。知力だけでなく身体能力も高く、必殺技まである。見た目は天使ながら、中身は悪魔。

 2位 空
  『  』の兄の方。ニート、コミュ障、ゲーム廃人。I♡人類のTシャツがトレードマーク。イカサマや人を騙すことに長けている。異世界人であり、限りなく人類種だが、微妙に違うとのこと。

 1位 プラム・ストーカー
  位階序列十二位・吸血種の1人。テトの真意に気づいている数少ない人物の1人。ペテンの才能は空に並ぶが、詰めが甘い。


 ノーゲーム・ノーライフが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 333巻

学戦都市アスタリスク

カテゴリー  ライトノベルMF文庫J
巻数 1~16巻(連載中)
作 三屋咲ゆう
絵 okiura様


 というわけで、学戦都市アスタリスクです。

 あらすじ。
 無数の隕石が降り注ぐ未曾有の大災害「落星雨(インベルティア)」によって既存の世界は崩壊し、星脈世代(ジェネステラ)という新たな人類が誕生した。星脈世代の少年少女は、水上学園都アスタリスクに集められ、星武祭(フェスタ)での優勝を目指して、六つの学園で日々実力を磨いていた。

 主人公はそのうちの一つ、星導館学園に転入することになった天霧綾斗。その目的は行方不明の姉の手がかりを掴むため。


 星武祭は大きく分けて3つ。タッグバトルの鳳凰星武祭(フェニックス)、5人チームの獅鷲星武祭(グリプス)、個人戦の王竜星武祭(リンドブルム)。各大会は1年おきに開催され、3年でひと回り。優勝者は願いをひとつ叶えることが出来る。


 アニメは鳳凰星武祭編までとなってますが、下記のランキングには最新巻までを含みますので、アニメ未視聴、またはアニメのみの方はネタバレ注意です。



 個人的に好きなキャラ。

 5位 レスター・マクフェイル
  星導館学園に所属する生徒。大柄、横柄、武器が斧と、初登場時の圧倒的かませ犬感。ただ和解後は時々いじられつつもいいキャラ化。王竜星武祭では活躍の場面も与えられました。

 4位 ディルク・エーベルヴァイン
  悪辣の王(タイラント)の2つ名を持つレヴォルフ黒学院の生徒会長。非星脈世代だが、その悪辣さで生徒会長に君臨している。自身の勝利ではなく、相手の敗北を望んでいる。

 3位 黎沈雲
  界龍第七学院の生徒。幻影の力を使う双子の片割れで、より性格が悪い方。具体的には、自分達が圧倒的に有利な状況を作った上で対戦相手をいたぶることが好き。

 2位 夜吹英士郎
  綾斗のルームメイト。情報通で冗談好きの好青年。と見せかけておいて、暗部組織のエリートで、実力も強い。無害に見えて、暗躍するキャラ。

 1位 ヒルダ・ジェーン・ローランズ
  アルルカント・アカデミーに所属するマッドサイエンティスト。狡猾で残忍だが、天才。笑い方が独特。後天的に星脈世代を作り出している。自身さえも実験材料とし、圧倒的な力を手に入れている。

 と、他にも六学園それぞれに魅力的なキャラがたくさん出てくるので、少しでも気になった方は是非、アニメからでも見てみてください。

 学戦都市アスタリスクが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 321巻