荒上柊真のサブカル雑記

2021年から方向転換したブログ。サブカルチャー、とくにライトノベルについて語っていく趣味のブログ。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

カテゴリー ライトノベル一迅社
巻数 1巻
作 山口悟様
絵 ひだかなみ様

 というわけで、今回は乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…となります。

 絶賛アニメ2期が放送中なので、やるなら今しかないと思って記事にしました。なお、1巻しか持っていませんが、2巻以降は考え中です。

 あらすじ……は、タイトルの通りですね。

 ただし、前世の記憶を持つ主人公が破滅フラグを回避するため(周囲にとっては予測不可能な)行動を繰り返し、登場人物を片っ端から攻略し、ハーレムを気づくお話。
 自分が悪役顔であるという意識と前世の影響から、他人の好意には全く気がついていない。

 好きなキャラ

 3位 ジオルド・スティアート
  カタリナの婚約者にして、メインの攻略対象。本来は冷めきった関係だったはずが、カタリナの奇行に興味を抱き、ゾッコンとなる。

 2位 ニコル・アスカルト
  攻略対象の1人だが、1人だけ学年が違う。なお、ずっと傍らにいたいと思っているが、それ以上の関係は望んでいない。通称、魔性の伯爵。

 1位 カタリナ・クラエス
  主人公。ゲーム本編では典型的な悪役令嬢だったが、転生したことで破天荒なお転婆娘に変わった。天然の人タラシとっており、破滅エンドどころかハーレムエンドまっしぐら。語りと声のシンパシーが最高。

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…が好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 257巻

理系が恋に落ちたので証明してみた

カテゴリー コミック(フレックスコミックス
巻数 1~10巻(未完結)
作 山本アリフレッド様

 というわけで、今回は理系が恋に落ちたので証明してみたです。最新10巻を読んで勢いで書いた記事になります。

 あらすじ。
 理系の最高学府・国立彩玉大学理工学研究科。その大学院に所属する氷室菖蒲が、同じ研究室に所属する雪村心夜に告白することからストーリーは始まる。
 そう、告白して終わりではない。
 何をもって好きと感じたのか。好きという感情を定義付けるために、研究室の面々を巻き込みながら送られる、2人のいちゃラブ研究の日々。
 ドラマ化、アニメ化もしてるので、気になった人はぜひ、見てみてください。

 個人的に好きなキャラ。

 3位 氷室菖蒲
  本作のヒロイン。クールな見た目がいい。心夜とのやり取りでは甘えたり、妬いたり、感情の起伏が激しくなり、アホっぽくなる。

 2位 棘田恵那
  主人公達の先輩。マイペースで、他人をイジるのが趣味。ゲームにおいても圧倒的な実力を持つ。ただし、体力面はあまり。

 1位 山本亜梨華
  漫画家。主人公の先輩。池田研所属のキャラの例に漏れず、変わり者。時折見せる悪い笑みが素晴らしい。面白さの追求のためなら手段を選ばない危険人物。

 理系が恋に落ちたので証明してみたが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 256巻。

逃げ上手の若君

カテゴリー コミック(集英社
巻数 1巻
作 松井優征

 というわけで、今回は逃げ上手の若君です。
 農上探偵ネウロ暗殺教室でお馴染みの松井先生の最新作となります。ネウロはアニメのみ、暗殺教室はコミックとアニメを見ています。
 いつか、それも記事にしたいですね。

 あらすじ。
 時は1333年。1人の武士の裏切りによって、鎌倉幕府は滅亡することとなる。その武士の名は、足利高氏。教科書にも名前が載っていて、誰もが知っている英雄である。
 だが、この物語の主人公は彼ではない。
 この物語の主人公は、継ぐべき幕府を失った北条時行。その英雄譚である。

 と、読み終わった勢いで書いているので、本編の語りに影響を受けていますが、中先代という歴史物でもマイナーな時代を舞台とした物語です。
 北条時行という、あまり知られていないながらも数奇な人生を送った人物に目をつけるのは、さすが松井先生。
 一体、史実をどう描いてくれるのか、とても楽しみです。

 個人的に好きなキャラ。

1位 諏訪頼重
 主人公を導く怪しげな(褒め言葉)神官。味方陣営(メイン)における数少ない大人。未来を見通す目を持っているということで、メタ発言担当キャラ。
 アニメ化したから声は子安さん(ネウロ・ガストロ)か福潤(殺せんせー)がいいな。

2位 北条時行
 本作の主人公。滅亡した北条氏の最後の生き残りで、生存本能の怪物。逃げ足の速さはマッハ20ーーもないかもしれませんが、とにかく生き残る能力に突出した主人公です。
 その反面、攻撃はからっきしですが、これから成長していくことになりそうですね。

3位 足利尊氏
 おそらく、本編におけるラスボスとなるキャラ。未だ実力の片鱗しかみせていなさそうですが、殺すことで英雄となるそうですから、主人公に負けないチート能力がありそうですね。
 アニメ化したから声は子安さん(ネウロ・ガストロ)か福潤(殺せんせー)がいいな。

 作者様的にアニメ化もあるかもしれませんので、個人的な理想の声優陣をここに。

 北条時行 渕上舞様(潮田渚等)もう、作者と見た目から誘導されてる感しかありませんが、個人的にはこの声しかないと思ってます。

 諏訪頼重 福山潤様(殺せんせー等)メタ発言とか、真面目な時とふざけた時のギャップとか、主人公を導くこととか。

 雫 花澤香菜様。少しミステリアスな雰囲気があるので、この方かなと。前作関係者ばっかり集めてもあれなので。

 弧次郎 葉山翔太様。自分の中でのイメージです。

 亜也子 古賀葵様。自分の中でのイメージです。

 足利尊氏 子安武人様(ネウロ・ガストロ等)カリスマ性のある悪役ということで。主人公→中ボスときたので、次はラスボスではどうでしょうか。

 とまあ。戯言はこの辺で。
 ただ、アニメ化は本当に心からお待ちしております。これからの展開にも注目です。

 逃げ上手の若君が好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 累計巻数 246巻。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生 4、5巻 考察回

 と、いうわけで、ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編の4、5巻の考察回です。今回は少し長くなります。

 まずは前回の答え合わせから。
 もう1人のホワイトルーム生については、予想が1部当たりましたね。メモの文字はやっぱり、ヒントだった。
 ただ、イラストの人物は違いましたね。
 おそらく、1年の倉地でしょう。上手く使われただけのようなので、もう出番はないのかな。
 彼を釣り上げた七瀬と龍園は、宇都宮と絡んでいきそうですね。

 で、その宇都宮については、概ね予想通りの人物像っぽいですね。八神の考察ですが。
 神崎の見た目をした一之瀬という自分の評価がしっくり来てます。仲間を救うために底知れない相手(八神、坂柳)と手を組むというあたりも。

 七瀬については、助けたい思いからーーでは微妙にないかもしれませんが、空回りしてる感はありますね。
 ただ、龍園と関わりが生まれたのは面白い組み合わせだと思いました。

 天沢に重傷を負わせたのは誰かについては外しましたね。月影理事長代理ではなく、麻婆神……司馬先生だったとは。

 そして、1年Aクラスのリーダーが現れましたね。
 石上京。どう見ても只者ではありません。それに、2年生の神崎とも縁があるようで。同じ中学の出身なのでしょうか。

 とまあ。素人考察にしては、当たってた方かなと自画自賛したい今日この頃。調子に乗って、次巻以降の考察をしていきたいと思います。

 まず、ホワイトルーム生については一旦お預けでしょうか。次回は2年生のみの試験のようですし、月影理事長代理も『一旦』の退場となりました。
 月影さんね。また、登場することはほぼ確実でしょう。ただ、敵か味方かは微妙なところですね。
 ボーイスカウトにおける左手の握手は、敵意がないことや信頼の意味を示すそうですが、作中で暗に示したということは、綾小路の予想通り意味がないのかもしれませんし。
 個人的には、敵の1人として登場しつつ、裏切って助けるみたいな役回りを期待しています。

 同じように、3年生と1年生の問題もお預けですかね。もちろん、全く登場しないことはないと思いますが、1年生に退学を狙われたり、VS南雲にはいかないと思われます。

 となると、本題はVS坂柳有栖でしょうか。

 クラス内投票が代用かと思った。一之瀬のクラスなら楽に切り抜ける。という教師陣の発言からクラス内の問題となるなら、坂柳もお預けかもしれませんが。

 試験内容については、何かをすれば、ハイリスク・ハイリターンということですよね。特別なことをしなければ、ローリスク、またはノーリスクだが見返りは少なく。クラスポイントを稼ぐためには高確率で退学者が出る道を通らなければならないというような。
 星之宮先生の話からすると、彼女はそこで鬼になることを選んだ一之瀬ルートということでしょうか。
 一之瀬には同じ道は歩まず、けれど停滞はしない選択を期待したいところですね。失恋を糧に進化を、今。

 失恋といえば、綾小路と軽井沢の関係が怖いですねぇ。

 過去巻でも無表情で抱きしめたり、別れを連想させるような地の文だったりと、純粋に楽しんでいるようで、何かがおかしい。

 と、色恋沙汰はこの辺で。

 次の特別試験はクラス内要素が強めなので、綾小路と軽井沢の関係、綾小路と櫛田と堀北の因縁、自由を手に入れた高円寺、辺りがメインになってくるのかと思います。
 出番減り気味の平田にも活躍の機会はあるのかな。

 あと書いとかなきゃいけないこととしては、坂柳は他の人よりも先に八神の正体に辿り着きそうですね。天沢の尾行は辞めてないでしょうし。
 坂柳で言えばもうひとつ、橋本をホワイトルーム問題に関わらせたくないと言った意味が気になるところですね。
 不利益を〜と明言しているあたり、のちに響いてきそうな発言です。
 神崎や龍園との関わりもありますし、一波乱起こしそうな予感はしています。

 とあまり考察出来てませんが、今回はこの辺で。

 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 4、5巻

カテゴリー ライトノベルMF文庫J
作 衣笠彰梧
絵 トモセシュンサク

 最新4、5巻を読んで勢い半分で書いた記事となっております。あと、ネタバレを大いに含みますので読む際はご注意ください。
 4巻までの感想と考察は別の記事でやってますので、興味を持ってくれた方がいれば、そちらも読んでもらえると嬉しいです。

 では、始めていきましょう。

 夏休みパートということで、バトル要素は少なめでしたね。ただ、ボーナス的な試験があったり、新キャラだったり、新展開だったり、面白い回でした。
 池については、まあ、予想通りの展開ですね。
 南雲については、3年生を総動員して綾小路と関わり始めました。ただ、内部に綻びも生じているようなので、これからどうなるのかが不安なところ。
 ただ、破滅すれば3年生全体が大変なことになるので、そうはならないのかなと。この巻で明かされた真実を踏まえると、南雲のやり方は2年生リーダー(坂柳、一之瀬、龍園)の要素を全て持っている感じですね。
 そして、綾小路の隠していた面を知りつつ、成長していく堀北鈴音。高円寺についても諦めていないようです。
 櫛田は、ね。
 綾小路に外堀を埋められていってる感があるし、八神にも上手く利用されてる感があるし……
「嘘つき、卑怯者…そういう悪い子供こそ、本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ!」(某特撮作品より)
みたいな。破滅していく予感がしてます。
堀北が救って改心となるのか、綾小路がそれすらも計算づくで退学に追い込むのか。どの道、次の2年生のみ特別試験で何かが起こる気がします。
他の見どころとしては、襲撃犯探しの龍園や天沢に探りを入れている坂柳や、明かされつつある教師陣の過去ですかね。

 と言ったところで、今回はこの辺で。

 ようこそ実力至上主義の教室へが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 と、今回はこの辺で。次回は考察回となります。

 累計巻数 245巻

無能なナナ 考察回

 と、いうわけで、無能なナナのネタバレあり、感想&考察回です。それは困るという人はすぐに戻ってください。

 大丈夫ですね?





 では、始めていきましょう。まずは、前回の記事で先送りにした好きなキャラの3位について。

3位 柊ナナ
 本作の真の主人公です。特に、初期の盲目的に使命を全うしている頃が好きです。能力を持たないながらも、作品によってはチート級として出てくる能力者相手に渡り合ってるところがすごいですね。
 今は年頃の少女なりに悩んでいますが、最終的にどうなるかが楽しみですね。

 と、ネタバレありのキャラ紹介も終わったところで、感想です。

 1部の謎の解明されると同時に、より闇が深くなった巻でしたね。新キャラも登場しましたし。

 最初は、ナナオが生きていた理由と、現在のように変わってしまった理由の回です。あれは、あぁなっても仕方ないですね。
 あと、能力が進化するというのも面白い話でした。元は異能バトルにはありがちな能力でしたが、チートに拍車がかかってますからね。

 クラスの方に現れた新キャラは、それなりにすごいのだろうけど、小物感が拭えないキャラですね。なんというか、上手く踊らされているだけのような。
 完全な味方になりそうな雰囲気ではないので、利用された挙句に始末されそうな予感がしてます。

 そして、今までにないくらいに追い詰められているナナですが、どうやって挽回していくか、全く予想がつきません。キョウヤに打ち明けるのはこの話が落ち着いてからになるでしょうから……
 モエの行動に要注目です。

 次は考察です。

 といっても、ストーリーは難しくて予測がつかないので、ナナオの再登場から筆者が予測している展開を皆様に共有したいと思います。

 ※妄想(非公式の)設定が含まれております。

 何らかの状況により、
 柊ナナ・小野寺キョウヤVS中島ナナオ
 が発生。

 ナナオがナナを刺そうとするが、ジンがナナを庇う。(48話のジンの台詞。中島くんが君を刺そうとしたら身代わりに刺されてあげよう)

 ナナオの無効化能力によって、ジンの本来の姿が明らかに。
(キョウヤの妹設定。ナナ達より前に来ていた(先輩)であることが明らかになっているため。あと、一人称が私など正体が女性でもおかしくはない)
(変身能力の代償が、元の姿に戻れない事だとなお良し。家に戻った時の姿が橘ジンだったことから)

ナナオ「代償で戻れなかったんだろ。よかったな」(的なネタバラシでもあれば理想)

 キョウヤが気づき、助けようとする
 が、ナナオの前には不老不死も無効。
 最強格2人が倒される。
 ナナVSナナオ

 です。

 ここでも触れてますが。
 キョウヤの妹が橘ジン(に変身してる)で、ナナの兄が橘ジン(昏睡状態)だと思ってます。ナナとジンは似てませんが。

 文章も長くなってきたので、今回はこの辺で。

 無能なナナが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

無能なナナ

カテゴリー コミック(ガンガンコミックス)
巻数 1~8巻(未完結)
原作 るーすぼーい様
作画 古屋庵


 あらすじ。
 能力者と呼ばれる特別な力を持った少年少女たちは、人類の敵と戦うために、本土から遠く離れた無人島で学校生活を送っていた。
 そこへ、2人の転校生が現れるところから、話は始まる。

 という、異能バトルものです。どちらかといえば、頭脳バトルよりかもしれませんが。詳細はネタバレに繋がるので控えます。

 特に1話で衝撃を受けると思いますので、気になった人はアニメの1話だけでも見ていただけたらと思います。

 個人的に好きなキャラ。

3位 ……は一旦置いときまして。

2位 鶴岡タツ
 生徒ではありません。本土にいる大人です。能力者ではありませんが、作中での動きはまるで洗脳の能力者のよう。アニメ版の声もとっても良かったのですが、続編があったとしてももう聞けないかと思うと悲しいものがありますね。合っていたので、特に。
 藤原啓治様のご冥福をお祈りします。

1位 橘ジン

 主人公達のクラスメイトではなく、先輩にあたる能力者。原作では登場してからすぐに好きになりましたね。アニメ版では、もうOPからかっこよくて、わかってるなぁ、と思いながら見てました。
 頭脳面も含めて、最強の能力者だと思います。
 最推しですが、少し心配なことも……

 無能なナナが好きだ。という方がいましたら、コメント頂けるとありがたいです。もちろん、他の作品に関するコメントも絶賛受付中です。むしろ、知らない本を教えて頂けると喜びます。

 と、今回はこの辺で。次回は最新刊までのネタバレあり、感想と考察回となります。

 累計巻数 244巻